自分自身の考え

作業服の男性

住宅の建築方法にはいくつかの建て方があります。その一つが注文住宅です。
注文住宅は建てる人の理想をより叶えることができます。しかしその分知識も必要になりますし時間もかかります。
もちろん一般的には建売などの住宅よりも高額な費用が発生します。注文住宅はアイディア次第で使い勝手の良い住宅を建てることができます。
しかし何を重視するかということも非常に重要になります。デザイン性や機能性など様々な観点から住宅を設計することが大切です。
そんな時に頼りになるのが営業担当者なのです。建築会社によってそれぞれの社員が行う業務は異なります。
営業担当者が設計に全く関わらない場合もあります。とはいえ過去に何件もの住宅建築を担当した建築会社の営業担当に自分たちのイメージを伝えることで設計士とのパイプ役にもなってくれます。

一軒の住宅を建築する際には多くの人が携わります。
ですから欲を言えばこういった自宅を担当してもらう人全員と相性が合えばより理想のイメージに近い住宅を建てられます。
しかし住宅会社によってはこういった担当者を指定できない場合も多くまた指定できても誰に依頼すればよいのかわかりません。
そんな場合でも少なくても営業担当者だけは相性が合うことが大切です。
営業担当者とはお金の話などより建築主に寄り添ってもらう立場になります。
ですから家族全員が信頼できる人である必要があります。
とはいえ担当者の変更が難しい場合もあります。
そういったときは上長に相談したり同じ会社の他の支店を訪れることも効果的です。
大手のハウスメーカーになると顧客情報の登録を一度抹消してもらうことで営業担当者を変更してもらえる場合もあります。