理想を叶える

手の上の家の模型

戸建て住宅の購入においては、予算を抑えるのであれば建売というイメージがあります。
けれども、ライフスタイルに合わせた住みやすい住宅を希望するのであれば、その細部の造りにも拘りたいものです。
そのような希望を叶えることができるのが注文住宅です。
設計の段階からあらゆる希望を伝えることによって、施主が住みやすいと思える理想の家を建設することができるわけです。
それはまさに細部にまで渡るもので、間取りはもちろんのこと、材料となる建材や建具や設備といった、材質や性能に徹底的に拘れる選択ができるものです。
もちろん、予算の範囲内でということにはなりますが、住みやすさやデザイン性に至るまで満足のできるものが手に入ることになります。

希望を叶える家を建てるには、やはりそれなりの費用が必要となってきます。
建売と比べると設計費はもちろんのこと、選んだ建材などによっては高価なものとなるために、予算をかなり多く見積もる必要もあるケースがあります。
けれども最近では、そのような建材においても比較的ローコストなものが選ばれるようになってきています。
拘りのポイントを絞り込んで、他は徹底的にコスト削減を行うというわけです。
このメリハリの効いた設計を行うことによって、それほど多くの予算を割くことを必要とせずに、理想とする住まいを手に入れる傾向は強まってきています。
もちろん、耐震性や断熱性など基本的な性能は維持した形で行うために、建築士との綿密な打ち合わせは必要となります。